【速報】スーパーの店内でしたい放題過ごしていた迷惑千万な近所の猫を出禁に→客から不買運動を起こされる


1:Ψ2019/11/30(土) 18:33:27.04 ID:ey89YmUW.net
イギリスのスーパーで不買運動が勃発、その理由は猫!?

近所のスーパーに通い続ける近所の猫
 ノーフォーク州ノリッジのドレイトンにあるチェーンスーパー「テスコ(TESCO)」には、この1年半ほど、ある1匹の猫が足繁く通って来ていた。
 白と茶色のオス猫パンプキン(6歳)は、テスコや美容院、不動産やパブが立ち並ぶ表通りからほんの90メートルほど先にあるジョー・ハーディングさんに飼われている。
 1年半ほど前からスーパーの出入り口付近でくつろぐようになった。その後は店内に入りこみ、
通路を自由にうろついたり、レジカウンターに居座って昼寝をしたりするようになったという。
 地元住民の中には、店に来ては頻繁に目にするその猫が誰の猫なのか興味津々な人も多く、
Facebookのコミュニティ・グループのアカウントで撮影したパンプキンの写真とともに
「この猫、誰の!?」と尋ねる投稿が相次いだ。
 度々、「私の猫よ」と返信することが面倒になったジョーさんが、数か月前に
パンプキンのためのアカウントを設定したところ、現在この非公開アカウントのメンバーは500人以上になったそうだ。

(中略)

パンプキンファンの顧客たちは、テスコでの不買運動を実施、Facebookを通してテスコ側の対応を知った人々は
「店がパンプキンを追い出した」と怒り、団結して不買運動を始めた。
http://karapaia.com/archives/52284993.html

no title

no title

no title

続きを読む




Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です