今日の注目!! 「合意なき性交渉」 山口氏が反論 詩織さんは強調(19/12/19) 12/14/2019



全面勝訴から一夜明け、19日、ジャーナリストの伊藤詩織さんが外国人記者クラブで会見を開きました。この直前に行われた元TBS記者の山口敬之氏の反論会見には、伊藤さんの姿がありました。

 記者席から山口氏を見つめる伊藤詩織さん。この事件は、2015年4月に伊藤さんが被害届を提出しました。いったんは山口氏に逮捕状が出されましたが、急きょ、執行停止となりその後、不起訴処分に。
 その件について、アメリカのメディアの記者は「上級国民」という日本語を使ってこう尋ねました。「伝記本を書くなど、山口氏と安倍総理との関係の深さが警察、検察の判断に影響したのではないか」と。
 「民事裁判では伊藤さんの言い分が一方的に認められた」と主張する山口氏。18日の民事裁判で認定された「合意なき性交渉」。刑事手続きにおける不起訴処分と整合性は取れるのでしょうか。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

source

27 thoughts on “今日の注目!! 「合意なき性交渉」 山口氏が反論 詩織さんは強調(19/12/19) 12/14/2019

  1. 本当にレイプされたのなら容疑者の顔なんて見たくないだろうに
    記者会見に出席するなんて、やっぱりこの女の人はオカシイわ!
    何が何でもこの男の人生を壊してやろうと本当に恐ろしいわ()

  2. 憶測で話してる人多いけど裁判の内容でてるからちゃんと見ようね

    タクシー「泥酔状態でいやがっとったで」
    ドアマン「泥酔状態でいやがっとったで」
    監視カメラ「泥酔状態の女性を男が連れ込んどるで」
    女「レイプされました、アフターピル飲みます、警察に行きます」

  3. 六十歳近い妻子ある男が若い女性を仕事を餌に酒をのませ、相手が前後不覚になったところをホテルに連れ込み行為におよぶ。
    弁解できない極めて卑劣な行動だな。今すぐ刑務所に入って欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です