今日の注目!! キャロル夫人に逮捕状 現地レバノンで今なにを?(20/01/07) 12/14/2019



日産の前会長のカルロス・ゴーン被告の妻・キャロル夫人について、東京地検特捜部は偽証の容疑で逮捕状を取りました。レバノン・ベイルートにあるゴーン被告の自宅前から報告です。

 (大平一郎記者報告)
 (Q.キャロル夫人の一報を受けて何か動きはあるか?)
 7日はキャロル夫人が自宅から出てくるところを見ていません。恐らく自宅の中にいるものとみられています。これまでは我々が見る限り、キャロル夫人は一日数回にわたって外出していました。早い時は数十分、長い時は数時間にわたって車で外出していました。行き先は定かではありませんが、自宅周辺でゴーン被告がこちらに帰って以降、かなりの動きがあります。キャロル夫人がお手伝いさんやシェフなども増強してパーティーを催すことが度々ありました。テラス部分で恐らくパーティーをやっていたのではないかと思います。夜まで明かりがつくこともありました。今回の逮捕状の件についてキャロル夫人に情報が入っているかどうか分かりませんが、自宅の中にいて情報収集など含めて進めていると思われます。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

source

31 thoughts on “今日の注目!! キャロル夫人に逮捕状 現地レバノンで今なにを?(20/01/07) 12/14/2019

  1. キャロル夫人に逮捕状発行の理由について特捜部の担当副部長は、「(ゴーン被告に)同情的な論調もあり、強く是正する必要があると考えた」・・・こんな理由で逮捕状を出すなんて戦時中の特高警察と同じ。「覚えていない」で虚偽で逮捕状?

  2. 検察特捜部は、理性を失っている。一年近く前のことを今更蒸し返してどうするのか。単なる腹いせにしか見えない。世界の物笑い。

  3. 本当にゴーンが悪いんだよね?
    去年やたらとパワハラ系の会見を見た気がするけど、まさかこれってパワハラの極じゃないよね?

  4. 偽証罪は、法律により宣誓した証人が虚偽の供述をすることであるが、夫人は自分が思うことを話しただけであり、例えそれが事実と違っていても偽証罪に問われるのか ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です