今日の注目!! ゴーン被告がレバノンに逃亡 弁護団が辞任を検討(20/01/04) 12/14/2019



保釈中だった日産の前会長、カルロス・ゴーン被告がレバノンに逃亡したことを受け、ゴーン被告の弁護団が辞任する考えを明らかにしました。

 ゴーン弁護団・弘中惇一郎弁護士:「辞任はいずれしなきゃしょうがないと思ってますけど、辞任の時期等についても本人の意向確認ということを踏まえたうえで決めるという感じですかね」
 ゴーン被告の弁護団の弘中弁護士は弁護団会議の後に取材に応じ、ゴーン被告の意向を確認したうえで辞任する考えを示しました。弁護団会議では、レバノンの弁護士を通じて来週にもゴーン被告と連絡を取ることが決まったということです。また、東京地検からゴーン被告が使っていたパソコンなどの提出を求められたことを明らかにしました。これについては検討したうえで応じたいとしています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

source

34 thoughts on “今日の注目!! ゴーン被告がレバノンに逃亡 弁護団が辞任を検討(20/01/04) 12/14/2019

  1. 保釈条件すら守れず、あまつさえ容疑者を取り逃がすという失態を晒したんだから弁護士はさっさと廃業すべきだね。

  2. 個人で解決できたという認識がコメント欄多くて驚き。
    個人は組織の下で判断し動く確率が高いもの。
    顕著に問題になっているのは死刑とかほかに何があるかな。

  3. なんでこの弁護士こんなに叩かれるん?
    保釈許可したの裁判所やし、なんも悪いことしてないやん。弁護士は圧倒的被告人側で公正な立場じゃないですよー?
    逃げれるような甘い日本の制度が悪いと思う

  4. こいつも共犯だろ!とか根拠のないこと(まあその確率はかなり高いと思うが)を匿名でyoutubeのコメント欄に書き込むことしかできないのかよ… お前らもっとアクションおこせ 腐った司法に何か影響を及ぼすようなことをしてみろよ

  5. この人を逮捕して取り調べた方がいいんじゃないの?
    ゴーンはパスポートを持ってたみたいだしね。
    東京から関空までどうやって行ったのかもわからんし。

  6. ゴーンさんの自助努力が注目されてますが、公私混同のレベルは、スルガ銀行の元会長の岡野さんが、期限の利益無視の融資を受けていた事を考えると、人事権を握り最も悪いコンプライアンス担当を社長にして自身の会社の追求を逃れる策を取る、法の公平性に欠ける。岡野さんは取り調べすら受けていない。ゴーンさんの功績からすると相応の報酬です。ゴーンさんの功績と形式犯罪は 桜を見る会ですね。不思議の国 日本。有能な経営者は日本に来ない。大阪特捜は信頼立て直しのチャンスなのに 関西電力の賄賂役員も取り調べ躊躇。

  7. 弁護士のイメージがますます悪くなるね。この人には責任はないとか言ってみたところで誰もそんな言葉には耳をかさないだろうよ。

  8. 態度がでかいのは感心しないが、実際この弁護士に責任はない。コメント欄で、ただ周りに同調して叩いてる奴には辟易する。アホだな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です