今日の注目!! ゴーン被告出国は妻主導か レバノン政府は関与否定(20/01/01) 12/14/2019



保釈中だったカルロス・ゴーン被告が無断で日本を出国して国籍のあるレバノンに入国したことについて、海外メディアは妻が今回の計画を主導したと報じています。レバノンの首都ベイルートから報告です。

 (阿部健士記者報告)
 ベイルート市内にあるゴーン被告の自宅は2階部分あたりにうっすらと明かりがついているのが確認できます。ゴーン被告の動向は今のところ分かっていませんが、近く会見をするのではないかといった臆測が現地では広がっています。そして、ゴーン被告の逃亡に関する最新情報ですが、フランスのルモンド紙は「妻のキャロル夫人が日本出国を計画し、トルコからベイルート行きの飛行機にも同乗していた」と伝えています。さらに、「キャロル夫人は結婚後、かなりの財源を確保していて、トルコで力強いコネクションを持つ親族とともに今回の脱走の準備を進めていたとみられる」とも報じています。一方、レバノン政府は声明で「ゴーン氏は30日の明け方、合法的にレバノンに入国した。彼がどのようにやって来たのかは把握しておらず、それは彼自身の問題だ」と述べていて、計画には一切、関与していないとの立場を強調しています。ただ、レバノン政府は国内で英雄視されているゴーン被告の身柄の引き渡しに応じる可能性は低いとみられ、今後、日本との間で重大な問題に発展する恐れがあります。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

source

20 thoughts on “今日の注目!! ゴーン被告出国は妻主導か レバノン政府は関与否定(20/01/01) 12/14/2019

  1. 日本がレバノンに支援とかしてないとか思ったけど、そんなことなくて普通にしてたわ

    金返してもらえばいいし、大使館もなくてもいいと思う。
    犯罪者を助ける。て普通にありえない

  2. ゴーンについては後でキッチリ始末をつけるとして憲法九条を掲げる日本が世界でどう見られているかを知る良い機会なんじゃない?日本人が間違った事するわけ無いと国際社会が味方してくれれば良し、単にコケにされて終わりなら今までやって来た事は全て無駄だったと認めざるを得ないだろ。

  3. レバノンに制裁を!もう既に友好国ではない。全ての人道的支援を打ち切り断交すべし!
    政治的圧力を掛けゴーンを取り戻せ!

  4. 笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑笑

  5. ゴーンをレバノンから強制退去せねばならなくなるだろう。日本政府は圧力を強化せねばならない。レバノンへの日本の経済協力がすべて凍結されるのだ。日本外務省はすぐにでも声明せねばならない。ヨルダンへの経済援助は今すぐ停止されると。

  6. Japan is a laughing stock in the world stage. If Japan carried the kind of weight and influence it used to carry back in the 80s, this would not have happened. No one would have dared. Japan has been shrinking, both figuratively and literally, every day in the past 20~30 years LOL

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です