今日の注目!! 日本大使がレバノン大統領と会談 「看過できない」(20/01/08) 12/14/2019



カルロス・ゴーン被告の逃亡先であるレバノンに駐在する日本の大久保大使はレバノンのアウン大統領と会談し、事実関係の究明に向けて協力を要請しました。

 大久保駐レバノン大使は7日、アウン大統領と会談して「ゴーン被告が不法に出国したことは遺憾であり、看過できない」と伝え、事実関係の究明に向けた協力を要請しました。これに対し、アウン大統領は「レバノン政府の関与は全くない」と説明したうえで、「日本との関係を重視し、全面的な協力は惜しまない」と答えたということです。ゴーン被告の逃走を巡ってはレバノン到着直後、同じキリスト教徒で近い関係にあるアウン大統領と面会したという報道もあります。今後、日本の協力要請に対してレバノンがどこまで応じるかは不透明です。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

source

11 thoughts on “今日の注目!! 日本大使がレバノン大統領と会談 「看過できない」(20/01/08) 12/14/2019

  1. レバノンはゴーン氏の引渡しを要求していたようですがレバノン単独で出来る事では有りません。要はレバノンをバックアップしている国が複数有るって言う事です。ですのでレバノンはあくまで善意の第三者の立場になっているでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です