吉沢亮のアーモンドアイ – オタクの迷宮~映画と舞台と音楽と Chaos-α☆☆☆


アーモンドアイって、競馬馬のことじゃないよ(笑) ヨーロッパでオランダ語学校に通っていた頃(ベルギーはオランダ語圏、ドイツ語圏、フランス語圏の3つに分かれていて、私たちが住んでいたのはベルギー北東部のオランダ語圏でした)、「日本人の切れ長なアーモンドアイ、神秘的だよね~~。僕にとっては永遠の憧れ」っていつも言ってた先生がいたなぁ。まー、その先生ゲイだってウワサだったから、丸いタレ目でタヌキ顔のワタシ自身は残念ながら、性別的にも、容貌的にも、彼の憧れを満たしてあげることはできませんでしたがね(笑) 吉沢さんも典型的なアーモンドアイですよね。くっきり二重で、黒目が大きくて、しかも目尻がしゅっと切れ…



Source by rie4771

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です