宮川花子「症候性多発性骨髄腫」を公表 会見その1



https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191211-00010000-wordleafv-ent 体調不良のため休業していた夫婦漫才コンビ、宮川大助・花子の宮川花子(65)が11日午後、夫 …

source

14 thoughts on “宮川花子「症候性多発性骨髄腫」を公表 会見その1

  1. 何で今更出て来るんだ
    最近の芸能人は売れなくと公表するけど
    意味が解らない
    黙って入院してれば良いじゃん
    昔胃ガンだって言ってて今元気じゃん、マジウザイ!
    見た目は何とも無いじゃん
    医者まで記者会見しちゃって何がしたいんだ花子はよー‼
    馬鹿じゃねーか

  2. 多発性骨髄腫は骨髄に癌細胞が付着した病のようです。この画像で癌細胞を殺し、治療してみました、少しづつ元気になられるでしょう。

  3. 宮川大助・花子の闘病の話題は今日知ったが、昨日から今日にかけての夢の中で、宮川大助・花子が横浜線の車内で見かけた夢を見た。

  4. 光免疫療法という素晴らしいものを承認せず、古い治療をさせるこの日本の医療制度に怒りを感じる、医師達は知っていても厚労省の巨大マフィアが治る治療も治さないようにしている。

  5. 今から25年くらい前。六甲山でバイク事故を起こし、たまたま通りかかった大花さんが、親身になって手当をしてくださいました。本当にお優しい方でした。

    お大事になさって下さい。
    心より良くなられる事を祈っております。

  6. お体が万全ではない中、会見をして下さったことに感謝します。
    第一声を拝聴して、いつも通りの声だ、と花子さんのことをよく知らない私は、思いました。
    か細い弱々しい声じゃないことに安心しました。
    もちろん、無理をされているのかもしれませんが、声だけでも元気そうに見せることが回復に繋がればいいなと思います。
    また、漫才見たいです。

  7. 花子さんにプライベートの場でお会いしたことがあります。
    詳しいことは書けませんが、私はこの方に助けていただきました。
    テレビそのままの、姉御肌で優しくておおらかな方でした。
    どうか良くなっていただきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です