川で釣りをしている時に出会った少年【山にまつわる怖い話】


森

562: 名無しさん 2005/03/27(日) 00:10:27 ID:Hn7qsygZ0
俺が山で一番ビックリしたのっていったら、「ゴロン!ゴロゴロ!」って感じ
で上流から逞しい一本糞が流れてきた時。よくよく見れば、上流でオッサンが
下半身すっぽんぽんで「ウン!ウウ~ン!」ってキバってたんですけどね。

それはそうと、俺が過去経験した話を。ただ、あまりにも現実離れしてるんで、
自分でも微妙に信じ難いところがあるんですが…。かなりの長文ですので、読
み飛ばして頂いても結構です。

中学時代、夏休みを利用して友達と川釣りに行こうって話になりました。夜中の
午前3時頃に集合、市街地からひたすら自転車をこいで約3時間、目的の川に
到着しました。

早速皆で思い思いの場所に散って釣り糸を垂れましたが、サッパリ釣れません。
ポイントを変えてみるも、やはり駄目。なので、私は徐々に皆から離れて上流へ
と移動していきました。

そして、自分が釣れそうだと思うポイントを見つけて釣り糸を垂れていると…
背後から、川原の石を踏む音がしました。最初は「仲間の誰かが、やっぱり釣
れなくて移動してきたのかな?」程度に考えて無視してたのですが、足音は私
の背後で止まったまま、動こうとしません。「なんだ、釣らないのか?」と言
いながら振り返ったのですが…。

続きを読む




Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です