氷河に落としたザック、51年後に発見! クライマー・故小林年さん愛用


ザック

【氷河落下のザック 51年後発見】
yahoo.jp/QeVShg

道内ロッククライミング界の第一人者、小林年さん(故人)が1968年、現在のロシアとジョージアの国境沿いの山で氷河に落としたザックを、今夏、ロシア人登山家が発見した。トランシーバーや食料が残っていた。

 道内のロッククライミング界の第一人者で元南極観測隊員の小林年(すすむ)さん(故人)が1968年、現在のロシアとジョージアの国境沿いにあるウシュバ南峰(4710メートル)を登山中に崖下の氷河に落としたザックを、今夏、ロシア人登山家が氷河の上で発見した。当時、一緒に登った京極紘一さん(75)=札幌市東区=が、発見者の撮影した写真で小林さんのザックと確認。「装備は当時のまま。まるでタイムカプセル」と51年ぶりの発見に驚いている。

小林年
氷河の上に登山道具 「秀岳荘」のタグも

 小林さんは32年に小樽市で生まれ、北大山岳部で本格的にロッククライミングを始めた。第1次南極観測隊(56~57年)にも参加。小樽市赤岩山の東大壁(ひがしおおかべ)の登攀(とうはん)に初めて成功し、今も「小林ルート」と呼ばれる。札幌市役所に勤めながら活動を続け、2006年に73歳で死去した。



 発見当時、ザックは氷河の上に出ており、トランシーバーや食料のほか、簡易テントに、小林さんの愛称「NEN」の文字と札幌の登山用品店「秀岳荘(しゅうがくそう)」のタグが残っていた。ロシア人登山家から日本山岳会にメールで照会があり、京極さんが最終的に確認した。


続きを読む




Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です