第155回芥川賞受賞作 あまり長くない小説なので、短時間で楽しめます コンビニで働くことについて 少数派な女性目線で 一般的な感覚からすると普通の幸せではない…☆☆☆


🍙🥐🍟
第155回芥川賞受賞作
あまり長くない小説なので、短時間で楽しめます☘️ コンビニで働くことについて✨
少数派な女性目線で💦
一般的な感覚からすると普通の幸せではないのかも知れないけど、、、
その為に生まれてきたと思える仕事に出逢える人は幸せな人生なのかなとも思いました💕
仕事の声が聞こえるくらい😭
応援したいです❗️👏👏
現代になくてはならない24時間365日営業しているコンビニで働いている全ての方々に敬意を表します🙇‍♀️🙇‍♂️ #本 #本好きな人と繋がりたい
#読書 #読書記録
#小説
#コンビニ人間
#村田沙耶香
#芥川賞



Source

2 thoughts on “第155回芥川賞受賞作 あまり長くない小説なので、短時間で楽しめます コンビニで働くことについて 少数派な女性目線で 一般的な感覚からすると普通の幸せではない…☆☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です