情報商材は、自分で作って自分で売ろう! 泥仕合はやめよう!

情報商材は、必要か?

このブログの管理人、込みポン酢です。

今回は、情報商材について思うことを書きます。

込みポン酢もアフィリエイト始めた最初は、たくさんの情報商材を買いました。

そして、読みました。 とにかく読んでみました。

最初に結論から言います。

世間には、ガセネタという言葉がありますが、100%と言ったら突っ込まれるから、99%は、まさに、ガセネタと思います。

要するに、情報商材の99%は、英語で言う、How To Make NOTHING But Monies ってやつです。

そうです。詐欺商材です。

しかし、詐欺商材ではないのです。

それは、詐欺かどうかわからない人には、詐欺商材ではないのです。

込みポン酢も、情報商材を実際に買って読んで、再現するまでは、詐欺なのか、詐欺でないのか、その中間なのかもわかりませんでした。

 

込みポン酢は、TTS英語特訓練習のおかげで、英語、特にアメリカの情報商材によく接触します。

それで分かったことは、情報商材購入者は、納得、満足がいかない場合は、

← 米国の方は、ほとんどすべて、、お金を返してもらってます。

← それは、米国のASP(例えばClick Bank) などは、販売者が、返すのを拒んだら、ASPから返してくれます。 ASPが拒んだら、クレジットカード会社に言えば、ある期間内なら強制的に返してくれます。(込みポン酢は、米国のクレジットカードも所有しています)

 

そういう経験から、断言できます。

いずれは、日本の情報商材も、米国のようになる方向に向かっていると。← アメリカで行われることは、日本国内の事情に合わせて、時間が経てば日本でも行われます。

しかし、今の現状は、情報商材を売る方は、お金は、取るが、そのお金は、返さないというのが当たり前の、なにかどっかの国以上を連想させるような超遅れた社会みたいです。

情報商材は、ガセネタや、すでにある情報商材に見破られないように、何か、別の内容をくっつけて新たな情報商材として販売しています。

 

しかし、繰り返しますが、詐欺か詐欺でないかは、人それぞれです。

 

全くのデタラメ、荒唐無稽の内容の情報商材もありますが、多くは、すでに誰かによって考えだされた情報内容に、見破られないように、工夫(くふう)を加えたようなものです。

では、どうしたらいいのか?

アフィリエイトで儲けることは、稼ぐことは、無理なのか?

込みポン酢は、こう考えます。

よく考えてみてください。

この世の中、アフィリエイト=コミッションは、何も、インターネットだけの話でなく、インターネットの前からあります。

そうです。コミッションは、古今東西昔から、あります。

それを、インターネットでデジタルで表現しただけの話です。

それなのに、日本の情報商材とかいうものが、高いコミッションを払うから、アフィリエイターに詐欺の片棒を担がせようとしているのです。

また、高額の詐欺商材を買ったアフィリエイターも、せめて、自分の払った金額くらい取り戻そうと、自分と同じ餌食(えじき)になる、獲物を捉(とらえ)るために、ステップメールや、ブログで、誘い込むのです。

 

込みポン酢は、アフィリエイト始めたばかりなので、最初は、知らないで情報商材を幾つも買いました。

 

そして、分かったことは、情報商材の内容は、誰でも知っていることです。 ←今どきの小学生でも常識的に分かる内容です。

 

言葉は悪いですが、こんな、ガラクタだらけの内容の情報商材を、超高額で売るわけですよね。 ← しかし、こんなの売れるわけないわけですよ。 だから、アフィリエイターに、詐欺の片棒を担がせるわけです。

 

勘違いしないでください。 アフィリエイト、アフィリエイターが問題ではないのです。

 

アフィリエイト、アフィリエイターというシステムを利用して、毒を売りつけてやろうとういう輩がいるから、問題なのです。

 

決して、アフィリエイトというシステムがいけないわけではありません。

 

決して、アフィリエイトを行うアフィリエイターがいけないわけではありません。

 

世の中、誰かが、物やサービスを売っているわけです。

世の中、誰かが、物やサービスを買うわけです。

 

最近では、米国大統領が、いくつかの国に、兵器を売りました。 ← この場合アフィリエイトとは呼びませんが、それなりの見返りはあると思います。

やはり、元不動産王と呼ばれるだけあって、”見込み客” そして、条件、状況を用意して、時期を見計らって売ったわけです。 ←断ることが出来ない、見込み客に売ったわけです。

込みポン酢は、これは、空極のアフィリエイトであり、アフィリエイターだなと思ってます。

これは、冗談ですが、北の将軍様と、トランプ大統領が、共同で仕掛けた、コンテンツだったのかと思うと、これが、次元の違うアフィリエイトなのかと思います。

私たちが、やっている、トレンドがなんとか、特化型がなんとか、PPCがなんとか、アドセンスがなんとかなんて、バカバカしくてやってられませんね。

 

誰かが、何かを売っているわけです。

 

問題は、デタラメもしくは、デタラメに近い、再現性がないのに、再現性があるようなことを言って、売ってしまったら、関係ないような、詐欺情報商材のことを言っているのです。

 

もうこれ以上は、込みポン酢は、書きません。

 

だから、込みポン酢は、自(みず)から、情報商材は、アフィリエイトしません。

 

また、あのわけのわからない、アフィリエイターの特典も、イヤで嫌でたまりません。

僕から買ってくれたら、この特典を。。。。 ←これが嫌なんです! この持って行き方、展開がいやなんです。 込みポン酢は、アフィリエイト失格ですね(笑)

本当に、あの特典って言葉が嫌(イヤ)なんです。

しかし、現実問題、特典を付けなければ、売れない!

 

情報商材は、自分で作って自分で売ろう!

情報商材をインターネットで儲けるのならば、又は、稼ぐのならば、アフィリエイター自身のあなたが、作ればいいのです。

あなたが、情報商材を作って売ればいいのです。

 

要は、誰でも知っていることを、いかに、なが~く、いかにも、親切に丁寧に、説明することです。

 

それが出来れば、まったく、アフィリエイトって何?という言う人以外は、誰でも、自分の知った情報を販売すればいいわけです。

 

そして、大事なことは、満足しない、購入者には、お金を返せばいいだけのことです。

 

そうすれば、買う方も安心します。 売る方も、詐欺にはならないです。 そして、一度買ってくれたお客や、お金を返したお客は大事にして、何度も、次の別の、あなたアフィリエイターが作った情報商材を売ればいいのです。

あなたから、買った情報商材を読んで、「こんなこと、知ってるよ」という方には、お金を返せばいいのです。

インターネットには、自分個人でお金を請求することができるシステムがたくさんあります。

お金を返すことも簡単にできるし、返さないで、他のあなたの、情報商材と交換もできます。

ネットでいろいろな情報を読んでいると、いろいろなアイデアが浮かんできます。  ← これは、全部、情報商材になります。

そして、バカみたいな高額値段で売らないこと!←10倍~20倍で売らないこと!

そして、あなたも大金持ちになれますようなことを言わないこと!

何のための、インターネットですか?

誰でもが、自分の情報を発信することができて、誰もがPaypalなどを使ってっ自由に不特定多数の人たちにその情報を提供することが出来ます。

そしてあなたが、あなたの情報=お金を儲けるに値すると思うならば、お金(値段)をつけて売ればいいのです。

銀行振込とか、クレジットカードとかいろいろ便利な方法がすでに用意されているわけです。

pdf や Youtube を作ってあなたの情報商材を売りましょう!

あなた自身が著作権の持ち主だから、好きなように、販売すればいいのです。

わたし、込みポン酢は、先にお金をもらって、デジタルプロダクトの性質上返金、返品はできませんなんてことは言いません。

先に、情報を与えます。どんどん与えます。そして、感謝された時には、少しばかりのお金をいただきます。 ← これが、込みポン酢のアフィリエイトです。

そして、込みポン酢は、アフィリエイターです。

つまり、日本中のアフィリエイターたちが、人の著作権の入った同じ情報商材を、なんとか自分流に口説き落としてアフィリエイトコミッションを稼ぐなんて泥試合みたいな、ことしなくていいのです。

ウソ八百のレビュー物語を書かなくてもいいのです。 ← ウソかも知れないと言うべきかもです。

そして、なんの役にもたたない、迷惑以外の何物でもない特典などは、必要ないのです。 ← 〇〇〇のおまけ なら いいけど アフィリエイトのおまけは、ゴミです。パソコンのなかを掃除するのが大変です。(汗)

 

売る、売る、売る

あなたは、買うのでなく売るのです。

 

売る

 

DIYS (Do It Yourself) 情報商材です。

そのためには、初心者は、たくさんの、アフィリエイトサイトに目を通して、繰り返し、繰り返し、レビューされている内容から、自分なりに作りあげていくわけです。

ウソ、デタラメの内容はダメです。 あなたは、購入者が、満足しなければ、お金をかえさなければいけません。

だから、あなたの作った情報商材の値段が、お客様にとって価値があるような内容でなければいけません。

 

売る

ここで言っている、アフィリエイトは、

物品、サービスを売る

物品、サービスの宣伝をクリック

情報商材を売る

ツールを売る

 

 

売る

そのために、必要なものは

物品、サービスを売る方法

物品、サービスの宣伝をクリック方法

情報商材を売る方法

 

 

売る

それを具体的に行うために必要なツールは、決まっています。

シリウスを売る

ワードプレスのテンプレートを売る

以上のものを、

ブログ、サイト、メール(email) 、を使って売るだけのことです。

 

だから、多くのアフィリエイターたちが、同じ、情報商材を売っているようなことをせず、自分で作った、情報商材を売ればいいのです。

買わない

あなたは、買うことがなくなるのです

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です